ごあいさつ

渡邊理事長 皆様におかれましては、平素より私ども一般財団法人大阪地域計画研究所(以降省略してRPIと呼ばさせて頂きます)を暖かくご支援頂いておりますことに対し、厚く御礼申し上げます。

RPIの業務内容は簡潔に申し上げますと、「都市的機能向上と地域社会づくりについて、科学的調査研究、理論的解明および基礎的な技術開発を行うこと」です。 この趣旨のもと約40年前の昭和51年に動物学者の宮地傳三郎氏が初代の理事長に就任したのが始まりでした。 現時点でのRPIの事業は社会の環境保全・安全確保、維持・管理・更新等、インフラの長寿命化、その中でも特に、ブリッジアセットマネジメントの事業が中核となっております。

現在世界では社会の安全・信頼性が科学技術の格段の進歩のお陰で人々は過去と較べて安心できるように思えますが、 一方落とし穴もあり、ある面では社会の安全性は逆に恐ろしいほどの速度で低下し、人々の懸念が限りなく拡大しているとの危惧があります。 例えば「未曾有の巨大自然災害による被害」、「テロリズム・戦争による破壊」、「インフラの腐食・疲労などの劣化」、「インフラのモニタリング・検査・診断の未熟・不備」、 「建設中のケアレスミス・油断による事故」、「力学の未熟・知識の不足による事故」、「水理学的現象の津波や洗掘による災害」、「土質力学的現象の土砂流出や地盤崩壊による災害」、 「座屈のような剛性不足と不安定現象による破壊」等に起因する悲劇が間断なく連続しております。

RPIは規模の面で極めて微力ながら、上述のような悲劇を防止・軽減するための事業を推進しようとの決意を新たにしております。

これまで長期にわたりRPIのため強力なご支援を賜りました皆様方には心より御礼を申し上げるとともに、新生RPIに引き続き今後とも幾久しくご指導ご鞭撻を賜りますよう切にお願い申し上げる次第です。